日本太陽光発電システムセンター

よくある質問

太陽光発電システムに関する質問

太陽光発電システムに関して良くご質問される内容をまとめております。

その他、ご質問・ご相談の際は、お気軽にお問合せ下さい。 フリーダイヤル 0120-135-135

太陽光発電システムに関する質問の回答

  • 太陽光発電システムで発電した電力は蓄電できるのか?
    • 太陽光発電システムにより電力を創り出しますが、太陽光発電システム自体で蓄電出来る機能はありません。電力を蓄積するには、別途蓄電池システムが必要となります。
      蓄電池は現在、設置費の1/3(上限100万円)の補助金制度があります。

  • パワーコンディショナはどの程度で交換する必要がありますか?
    • パワーコンディショナは、、太陽電池で発電した電力を直流から交流に変化する為の機器です。
      テレビや冷蔵庫、エアコンと同様の電気製品ですので、壊れてしまう場合もありますが、変換の効率が低下するという現象が発生致します。交換時期は、10~15年程度で交換することが良いと言われております。
      しかし、実際に10年稼働し問題なく・効率も極端に低下せず稼働しているケースがあります。

  • 主回路ケーブルの耐久年数はどの程度ですか?
    • 太陽光発電用ケーブルは、屋外仕様のCVケーブル又は、HCVTケーブル(耐熱用ビニル絶縁ビニルキャブタイヤケーブル)等を使用しています。
      また、配線方法は、配管(PFD管:複層管)等により配線されるため、通常20年以上の耐久性が有るものと考えています。

  • 太陽光発電システムが壊れる時の原因は?
    • 太陽光発電モジュールは、可動部の無い発電のため、長寿命かつ低故障率の発電システムです。
      故障個所は、使用環境に左右されシステム構成部品の経年変化による劣化や何らかの外力がモジュールに加わった衝撃により破損する場合が有ります。

  • 災害補償制度はありますか?
    • 10kW以下の太陽光発電システムに関しましては、有償にて自然災害保険制度に加盟できるメーカーがほとんどですが、10kW以上の太陽光発電システムにおいては加盟できないケースがありましたが、最近は10kW以上のシステムにも対してメーカーより保険制度があるケースが出来てきましたので、お気軽にお問合せ下さい。
      また、保険会社より別途保証をする制度も出来てきております。
Fun to Share太陽光発電協会なっとく!再生可能エネルギー経済産業省PV施工技術者制度運営センター