日本太陽光発電システムセンター

太陽光発電のメリット

1.地球温暖化への貢献

太陽の光エネルギーは、枯渇燃料(ガス・石油・石炭等)と異なり無尽蔵です。

太陽光発電システムは、二酸化炭素(CO2)を排出しないとてもクリーンなエネルギーです。つまり、地球温暖化の原因の一つとされる二酸化炭素(CO2)の増加を軽減させる大変すばらしいエネルギーなのです。

2.光熱費コスト削減(売電効果)

自己発電により電気代が大幅ダウンとなります。(10kW以下のシステム)
発電時は、電気代の節約となり、余った電気は電力会社が買い取ってくれます。(売電)
現在は、設置費用の回収に10年掛からないケースも多くなってきてます。

産業用に関しては、現在投資目的で設置される方が増えており、住宅用は国産メーカーで安心・信頼を求め、産業用は海外メーカーでコストパフォーマンスを求める傾向にあります。

3.防災対策(非常用電力)

東北の震災時にも活躍しましたが、電力の供給が止まってしまった時(インフラが切断された時)も太陽光発電システムで発電した電気を使用することは可能です。また、蓄電システムと組み合わせることにより、太陽光発電システムで電気を発電できない夜でも電気を使用することが可能となります。

4.企業イメージ向上

地球温暖化・脱原発等の対策として注目されている「太陽光発電システム」を導入することにより企業イメージアップや社員のモチベーションアップにつながります。

5.税制優遇対象「グリーン投資減税」(産業用)

税制優遇制度「グリーン投資減税」が適用になります。

青色申告書を提出する個人及び法人が、対象設備を取得し、かつ1年以内に事業の用に供した場合に、取得価額の30%特別償却(一部の対象設備については即時償却)又は7%税額控除(中小企業者等のみ)のいずれかを選択し税制優遇が受けられる制度です。

資源エネルギー庁 グリーン投資減税 http://www.enecho.meti.go.jp/greensite/green/index.html

Fun to Share太陽光発電協会なっとく!再生可能エネルギー経済産業省PV施工技術者制度運営センター